Japanese / English    updated 2019-03-06 
Orchestra I(オーケストラ プリモ)は指揮者・永峰大輔によって結成された、大阪を中心に活動するアマチュア オーケストラです
 
オーケストラ プリモ

News

お知らせ
2019.02.28
第10回演奏会の開催決定!2019年5月2日は寝屋川アルカスホールへ
2018.09.09

第9回演奏会が終了しました。多数のご来場ありがとうございました。

2018.07.08

第9回演奏会に向けてのリハーサルがスタートしています!チケットはこちらから

2018.05.06

第9回演奏会のソリスト、田中千佳子さんのプロフィールを掲載しました

2018.04.26

第9回演奏会のソリスト、プログラムが決定しました!

オーケストラ プリモ/オリジナル予ベル
「聴け、始原の奏でを」
作曲/映像制作:松﨑 国生
 
指揮:永峰 大輔
演奏:オーケストラ プリモ
2018年3月3日 豊中市立文化芸術センター 大ホールにて録音

Concerts

演奏会のご案内

第10回演奏会

2019年5月2日(木・祝)  14:00開場 14:30開演
 

寝屋川市立地域交流センター AruKasホール

(京阪本線「寝屋川市」から徒歩3分)
 
永峰 大輔 (指揮/音楽監督)
近藤 浩志 (チェロ/大阪フィルハーモニー交響楽団首席奏者) *
 
1000円
 
W.A.モーツァルト
交響曲第38番 ニ長調 K.504「プラハ」
 
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲 K.527
 
サン=サーンス
チェロ協奏曲第1番 イ短調 作品33*
 


未就学のお子様は親子室のご利用時に限りご入場いただけます(要予約・無料)
  要予約 − 先着順
  未就学児童 無料 / 保護者 要チケット
  ご予約•お問い合わせは こちらのフォームからどうぞ
 *定員に達し次第、締切らせて頂きます。
 *ご予約の無い場合、当日のご入場をお断りする事がございます。ご了承下さい。

近藤 浩志(チェロ)

Hiroshi Kondo

 
幼少より父にピアノ、母に声楽を師事する。
京都市立堀川高校音楽科、東京藝術大学を経て、仏エコール・ノルマル、ブローニュ音楽院両校を首席で卒業。
1996年第2回大阪国際室内楽コンクール入選。1996年、1997年松尾学術振興財団音楽コンクール最優秀賞を二年連続で受賞。
1999年第3回大阪国際室内楽コンクール第4位ならびに特別賞受賞。
新日本フィルハーモニー交響楽団、東京ポップスオーケストラを経て、現在大阪フィルハーモニー交響楽団チェロ首席奏者。
ソリストとして、ニューヨークのカーネギーホールや国連会議場、英デュークホールなどでの活動をはじめ、新日本フィルや大阪フィル、ニューヨークフィル、仏オーヴェルニューオケなど国内外のオーケストラともコンチェルト等を多数共演。
英国・ロンドンウエストミンスター紙上では「燃えるような音色と才能溢れる音楽!」と絶賛され、ニューヨークではスキッチ・ヘンダーソンに「今すぐブレイクする実力がある!」と絶賛される。また、世界的指揮者ジャン・フルネ氏より「現代第一級のソリスト」の推薦状を受理する。
久石譲、服部克久両氏に認められアンサンブルのメンバーとしてツアーに参加。数多くのCMや多数のジブリをはじめとする映画音楽などでの演奏のほか、NHKの「夕方クインテット」のスコアさんの演奏等も担当。
2003年久石譲全面プロデュースのもとソロデビューCDをリリース。
そのほか室内楽奏者として、アンサンブル・ベガを中心に活動。指導者として大阪音楽大学、神戸女学院大学、大阪芸術大学などで後進の指導にも力を入れている。
ムジカ・セレナータレーベルより 「この道」〈2017年〉、「ノスタルジア」〈2018年〉の二枚のソロアルバムCDをリリース。
 

Concept

コンセプト
クラシック音楽を発展的に継承していく――――これが私たちのミッション。バッハから300年、ベートーヴェンから250年、ブラームスから200年、これほどにも世界中で彼らの音楽が聴かれるようになるとは、誰がその昔想像しただろうか。
けれども、あまりにも私たちの生活に溶け込んだクラシック音楽は、もはや予め私たちに与えられたものであって、お決まりの存在。
そこには新しいものはない。
伝統とはそういうもの……。

いや、そうだろうか?
そうやって、「お決まり」という枠に閉じ込めてしまっているから、人びとはわくわくしなくなっているんじゃないか? 
伝統に出会い直そう。そう、新しいナンバーがリリースされたときに感じる、あの高揚感とともに。
そのために、もう一度楽譜に向き合おう。そのインクの染みから浮かび出る作曲家の息遣いに耳をすまそう。
そうすればきっとここには、いままでに聴いたことがないけれども、なぜだかとても説得力のある演奏が生まれる。
人びとはその出会いに、きっとわくわくする。

「プリモ/I」とは、Tempo Iのプリモ。
それは、あるべき姿に立ち返ること。思い出すこと。訴え直すこと。
次の時代にクラシック音楽をつなげるために。
いまという時代が、クラシック音楽ともう一度出会い直し、それをお客様に伝える。私たちは、その架け橋になりたい。
きっと、演奏家とはそうあるべきだと思うから。

Music Director

音楽監督
 (c)YAMAMOTO Yuuki

永峰大輔

Daisuke Nagamine

 1977年千葉県生まれ。洗足学園音楽大学附属指揮研究所を経て、フランツ・リスト音楽院、メクレンブルク・フォアポマーン州立歌劇場にて研鑽を積む。2008年にはエレアザール・デ・カルヴァーリョ音楽祭に客演指揮者として招聘され、日伯移民100周年を記念する演奏会を指揮し絶賛を受けた。
 これまでに、名古屋フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、山形交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、大阪交響楽団などへ客演。2012年から2015年までは、神奈川フィルハーモニー管弦楽団副指揮者として、主催公演を含む年間20公演以上を指揮。2015年/16年シーズンには、NHK交響楽団にて首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィのアシスタントを務めるなど、着実に実績を積んでいる。
 2011年にウクライナ、チェルニーヒフフィルハーモニー主催の指揮マスタークラスにて、最優秀指揮者賞である「ニコライ・バセーリビッチ賞」を受賞。2014年にはアメリカ、アトランタで開催された第5回ICW国際指揮コンクールにて最優秀指揮者に選出された。

公式サイト  http://www.nagamines.com/
 

Event

イベント

現在予定しているイベントはありません

Rehearsals

リハーサル
第10回演奏会
オーケストラ プリモではリハーサルを公開しています。
リハーサルはすべて音楽監督の永峰大輔によって行われます。
プリモの音楽が作り上げられていく、その過程をぜひご覧ください!
 
見学をご希望の方は お問い合わせフォームよりご連絡の上、お越しください。
2019年
4月30日(祝)

寝屋川 AruKasホール

5月1日(祝)

寝屋川 AruKasホール